卒業生の声 / 鹿野谷 彩

2020年度卒業生
鹿野谷 彩 Shikanoya Aya
就職 内田染工場

Q:テキスタイルに興味を持ったきっかけは?

着物を着るようになって、染めに興味を持つようになりました。それまでは「色」は見るだけのものでしたが、「色」を作れるようになったらどんなに楽しいだろうと思い、染色を学ぶことにしました。

 

Q:早稲田国際ビジネスカレッジテキスタイル学科を選んだ理由は?

一番惹かれたのは設備が充実していることです。制作を沢山したいと考えていたので、授業以外の時間に自由に学校の設備を使えるというのはとても魅力的でした。実際この2年間で制作したいと思ったものはすべて制作できるだけの設備や道具が揃っていて、早稲田国際ビジネスカレッジテキスタイル学科を選んでよかったと感じています。

 

Q:将来の夢は?

私の夢は「手仕事の伝え人になりたい!」です。テキスタイルを学んでいく内に、日本の手仕事の美しさや温かさに強く惹かれるようになりました。細かい仕事には大変な労力がかかりますが、そうして生まれる布は温かみに溢れ、人の心を豊かにしてくれると信じています。人の心にも届く布を自分の手で作り、人に伝えていくことができるようになりたいと思っています。