卒業生の声 / 中村 明子

2020年度卒業生
中村 明子 Akiko Nakamura
就職 みなかみ町地域おこし協力隊

Q:早稲田国際ビジネスカレッジテキスタイル学科を選んだ理由は?

染めと織りの両方を体系的に学びたいと思ったからです。進学を決めた1番大きなきっかけは徳島での藍染体験です。その場の雰囲気や藍が鮮やかな青に色が変わる様子を見て直感的に「あ、染めを勉強しよう」と思い、退職を決意。小さい頃から機織りへの憧れもあり、両方学べる所へ進みたいと学校探しをしていました。習い事教室のような場所も含め体験や資料探しをした結果、やりたい事学びたい事が全てでき、かつ通学圏内だったのが早稲田国際ビジネスカレッジだったため、進学を決めました。

 

Q:この学校の特徴は?

化学染料、天然染料、テキスタイルデザイン、伝統工芸(友禅)、手織りと、幅広いジャンルの基礎を学べることです。全部を知りたい人はもちろん、希望進路がやや曖昧な人も、自分が強く関心を持っているのはどの分野かを実践を通して感じ取れます。また、午前と放課後も制作可能なことから、自分次第でどこまでも貪欲にモノ作りをできるのも特徴だと思います。

 

Q:将来の夢は?

自分の手で物を作り、一緒に物を作る人同士が交流を持てるような場所づくりをしたいと考えて地域の人達を中心に、訪れた方が「作るって楽しい!」と思ってもらえるような染織工房を作ることです。