卒業生の声 / 塩脇 暦

2014年度卒業生
塩脇 暦 Koyomi Shiowaki
就職 藍染め工房壺草苑 ⇒ 独立 個人店「の様な」設立

Q:早稲田国際ビジネスカレッジテキスタイル学科を選んだ理由は?

小さいころから洋服には興味がありました。はじめは服飾の専門学校に進学し、アパレルの会社で勤務していましたが、捺染や織り、編みなど、テキスタイルに関する知識や技術をより深く学んでいきたいと考えて、ここの学校で学ぶことを決めました。

 

Q:この学校の特徴は?

染色、プリント、織り、編みなどテキスタイルに関する知識や技術を基礎から応用まで、広く詳しく学ぶことができます。課題は段階的に難しくなっていきますが、実際の商品づくりを意識できる課題もあり、デザイン力や想像力を身につけることもできました。先生との距離も近い為、自分が興味を持ったことにはどんどんチャレンジできる環境だと思います。

 

Q:将来の夢は?

現在は、「壺草苑」を退職し、山形県酒田市で田舎暮らしをしながら、「の様な」という名前のパン屋兼洋品店を立ち上げました。「染め」の技術を活かしながら、山で植物を採取し、薪で蒸留して芳香蒸留水を作って草木を煮出して、洋服を染めています。併せて、平面的なパターンで構成することで、生地の無駄も無くすようにしています。自然と一緒に生活していますが、そんな暮らしから生まれるものづくりをこれからも目指していこうと考えています