卒業生の声 / ラジュ ジャヒドウ ハサン

2021年度卒業生
ラジュ ジャヒドウ ハサン Raaj Zahid Hassan
就職 カジレーネ株式会社

Q:テキスタイルに興味を持ったきっかけは?

私の生まれたバングラディッシュにはテキスタイルの会社がたくさんあります。私の叔父もテキスタイルの会社を経営しています。そこにはたくさんの織機があり、皆が手を使って生地を織っていました。そんな中で育った私は自然とテキスタイルを身近に感じるようになりました。高校生になって将来のことを考えたとき、ファッションが好きで将来自分のブランドを立ち上げたいと思い、テキスタイルの道に進むことを決めました。

 

Q:早稲田国際ビジネスカレッジテキスタイル学科を選んだ理由は?

母国でテキスタイルを学んでいましたが、教科書を読んで学ぶ授業だけでした。この学校では実用的な勉強と実習がたくさんあったので入学することを決めました。また9:00〜21:00まで学校を開放して設備を使って作品制作出来ることが、とても魅力的でした。卒業制作では5枚の織生地を制作しました。最初から最後まで自分の手を使って織った生地は満足のいく出来上がりとなりました。

 

Q:将来の夢は?

先生の紹介でテキスタイルの会社に就職することが出来ました。そこでしっかり仕事を覚えて母国と日本の架け橋になるような人になりたいです。また自分のブランドを立ち上げて海外の人と仕事をして自分のネットワークを広げることも大切な夢の一つです。