卒業生の声 / 加藤 優菜

2021年度卒業生
加藤 優菜 Yuuna Katou
就職 茶久染色株式会社

Q:テキスタイルに興味を持ったきっかけは?

高校生の時まで通っていた美術教室で、先輩が木枠で織りを行っているのを見たのがきっかけです。その後、テレビ等で織り機を使って織っている場面を見て、コツコツと作っていくのが自分に合いそうで、自分でもやってみたいと思いました。

 

Q:早稲田国際ビジネスカレッジテキスタイル学科を選んだ理由は?

大学を中退し、自分の好きな「作る」ということをしっかり学んでみたいと思って学校を探していた時に、これまでやったことは無いけれど興味のあった、織物を学べるテキスタイルデザインコースを見つけました。設備が整っていること、織物の他にも色々な技術も学べること、学生も色々な人が来ていること、授業時間外も設備が使えることなどから自分に合いそう、やりたいことができそうと思って入学を決めました。

 

Q:将来の夢は?

「作る」ということを続けたいです。今はインターネットで自分の作品を販売しており、作品を買っていただけるとすごく嬉しいです。将来は人に喜んで貰えるようなものを作ることも夢です。自分が楽しく作り続けることが出来るのが一番だと思っています。