卒業生の声

卒業生の声

当校の卒業生の進路は、テキスタイル業界を中心に就職、進学、独立と多岐に渡ります。活躍する卒業生に、学校について話を聞いてみました。

2021年度卒業生
有村 紗耶 Saya Arimura
就職 

Q:テキスタイルに興味を持ったきっかけは?

私はこの学校に入る前、着物の専門学校に通っていました。そこで着物のデザインに興味をもち、友禅染めを学びたいと思ったので今の学校に入学しました。

 

Q:早稲田国際ビジネスカレッジテキスタイル学科を選んだ理由は?

テキスタイル(染め・織り・プリント)全般を学ぶことができるため色々な体験をすることができると思いこの学校を選びました。 また設備も充実していて、授業時間外にも自由に使って制作活動ができるためとても良いと思いました。

 

Q:将来の夢は?

これまで学んできたことを生かし、自分なりのオリジナルな着物を作っていきたいです。 まだこれからも沢山のことを学び続けたいと思います

2021年度卒業生
加藤 優菜 Yuuna Katou
就職 茶久染色株式会社

Q:テキスタイルに興味を持ったきっかけは?

高校生の時まで通っていた美術教室で、先輩が木枠で織りを行っているのを見たのがきっかけです。その後、テレビ等で織り機を使って織っている場面を見て、コツコツと作っていくのが自分に合いそうで、自分でもやってみたいと思いました。

 

Q:早稲田国際ビジネスカレッジテキスタイル学科を選んだ理由は?

大学を中退し、自分の好きな「作る」ということをしっかり学んでみたいと思って学校を探していた時に、これまでやったことは無いけれど興味のあった、織物を学べるテキスタイルデザインコースを見つけました。設備が整っていること、織物の他にも色々な技術も学べること、学生も色々な人が来ていること、授業時間外も設備が使えることなどから自分に合いそう、やりたいことができそうと思って入学を決めました。

 

Q:将来の夢は?

「作る」ということを続けたいです。今はインターネットで自分の作品を販売しており、作品を買っていただけるとすごく嬉しいです。将来は人に喜んで貰えるようなものを作ることも夢です。自分が楽しく作り続けることが出来るのが一番だと思っています。

2021年度卒業生
望月 海李 Kairi Mochizuki
就職 小野江織物株式会社

Q:テキスタイルに興味を持ったきっかけは?

小さい頃から浴衣に触れる機会がありました。その際に、浴衣に描かれている柄が綺麗と感じ、いつか自分でも作ってみたいと思うようになりました。

 

Q:早稲田国際ビジネスカレッジテキスタイル学科を選んだ理由は?

進学先を決めるとき、着物だけを学ぶ学校か、着物以外にも幅広く学べる学校に行くかで迷いました。しかし、自分の将来のことを考えた時、幅広く学んでおいたほうが今後の活動にも活かせる思い、早稲田国際ビジネスカレッジテキスタイル学科を選びました。

 

Q:将来の夢は?

今は明確な夢は無いですが、就職が決まった会社で、一生懸命仕事を覚えることが夢への第一歩だと思っています。いつかは会社で自分の企画が採用されて、それが商品化されることを目標に頑張りたいと考えています。

2021年度卒業生
ラジュ ジャヒドウ ハサン Raaj Zahid Hassan
就職 カジレーネ株式会社

Q:テキスタイルに興味を持ったきっかけは?

私の生まれたバングラディッシュにはテキスタイルの会社がたくさんあります。私の叔父もテキスタイルの会社を経営しています。そこにはたくさんの織機があり、皆が手を使って生地を織っていました。そんな中で育った私は自然とテキスタイルを身近に感じるようになりました。高校生になって将来のことを考えたとき、ファッションが好きで将来自分のブランドを立ち上げたいと思い、テキスタイルの道に進むことを決めました。

 

Q:早稲田国際ビジネスカレッジテキスタイル学科を選んだ理由は?

母国でテキスタイルを学んでいましたが、教科書を読んで学ぶ授業だけでした。この学校では実用的な勉強と実習がたくさんあったので入学することを決めました。また9:00〜21:00まで学校を開放して設備を使って作品制作出来ることが、とても魅力的でした。卒業制作では5枚の織生地を制作しました。最初から最後まで自分の手を使って織った生地は満足のいく出来上がりとなりました。

 

Q:将来の夢は?

先生の紹介でテキスタイルの会社に就職することが出来ました。そこでしっかり仕事を覚えて母国と日本の架け橋になるような人になりたいです。また自分のブランドを立ち上げて海外の人と仕事をして自分のネットワークを広げることも大切な夢の一つです。

2020年度卒業生
齋藤 望 Nozomi Saito
就職 KAJIHARA DESIGN STUDIO

Q:テキスタイルに興味を持ったきっかけは?

私は入学する前に総合建設会社で4年間働いていましたが、旅行で訪れたインドで、伝統的な染色技法であるハンドブロックプリントに魅了され、テキスタイルに興味を持つきっかけとなりました。「一度きりの人生、やりたいことを見つけられたのなら挑戦したい!」と一念発起し、前職を退職し、入学をしました。

 

Q:早稲田国際ビジネスカレッジテキスタイル学科を選んだ理由は?

様々な学校がある中で、交通アクセスの良さとテキスタイルに特化している授業内容に魅力を感じました。1年目から実習を通してテキスタイルを学び、2年間という短い期間にも関わらず、様々なことに挑戦することができます。また、先生方も親身になって相談に乗ってくれるため、より良い作品作りを行える環境であると考えます。

 

Q:将来の夢は?

在学中に、インドの伝統的デザインやテキスタイルを知るために、インド雑貨 / ファッションの輸入卸及び販売を行っている会社でアルバイトをしていました。そこで扱う商品を通して、伝統技術や手仕事の素晴らしさに触れたことで、現代の大量生産とパターン化された物づくりの中で、独自の技術や伝統に裏打ちされた強みを持ち、新たな付加価値を創造できるものが求められると考えるようになりました。そのため、日本の伝統技術と産地の発展に向けて、テキスタイルデザインを通して私たちの未来の生活に喜びと潤いを与える橋渡しをしたいです。

2020年度卒業生
鹿野谷 彩 Shikanoya Aya
就職 内田染工場

Q:テキスタイルに興味を持ったきっかけは?

着物を着るようになって、染めに興味を持つようになりました。それまでは「色」は見るだけのものでしたが、「色」を作れるようになったらどんなに楽しいだろうと思い、染色を学ぶことにしました。

 

Q:早稲田国際ビジネスカレッジテキスタイル学科を選んだ理由は?

一番惹かれたのは設備が充実していることです。制作を沢山したいと考えていたので、授業以外の時間に自由に学校の設備を使えるというのはとても魅力的でした。実際この2年間で制作したいと思ったものはすべて制作できるだけの設備や道具が揃っていて、早稲田国際ビジネスカレッジテキスタイル学科を選んでよかったと感じています。

 

Q:将来の夢は?

私の夢は「手仕事の伝え人になりたい!」です。テキスタイルを学んでいく内に、日本の手仕事の美しさや温かさに強く惹かれるようになりました。細かい仕事には大変な労力がかかりますが、そうして生まれる布は温かみに溢れ、人の心を豊かにしてくれると信じています。人の心にも届く布を自分の手で作り、人に伝えていくことができるようになりたいと思っています。

2020年度卒業生
小野 晶央 Akihiro Ono
就職 株式会社デジカル

Q:早稲田国際ビジネスカレッジテキスタイル学科を選んだ理由は?

染色、プリント、織、友禅染めとさまざまなデザインについて学べると考え本学を選びました。全てが初めての体験でしたが、実際入学し2年間という短い期間で多方面でデザインについて考えることができ、自分の作りたいものがどのようなものなのかを知ることができた濃い時間でした。

 

Q:この学校の特徴は?

設備が充実しているため、授業時間以外にも自分の制作活動に使用することができることです。また、それぞれの教科の担当の講師の方々は非常に熱心でユーモラスです。一人ひとりに向き合い指導をしてくださり、どんな疑問にも応えてくれるため努力する人ほど打ち込める環境です。

 

Q:将来の夢は?

デザインや製作を続けていくことです。職業でも趣味でも何かを作り続ける事は自分にとって非常に充実感を与えてくれることだと、本学の学びで気付かされました。この経験から何かを作り続ける人でありたいと思いました。

2020年度卒業生
中村 明子 Akiko Nakamura
就職 みなかみ町地域おこし協力隊

Q:早稲田国際ビジネスカレッジテキスタイル学科を選んだ理由は?

染めと織りの両方を体系的に学びたいと思ったからです。進学を決めた1番大きなきっかけは徳島での藍染体験です。その場の雰囲気や藍が鮮やかな青に色が変わる様子を見て直感的に「あ、染めを勉強しよう」と思い、退職を決意。小さい頃から機織りへの憧れもあり、両方学べる所へ進みたいと学校探しをしていました。習い事教室のような場所も含め体験や資料探しをした結果、やりたい事学びたい事が全てでき、かつ通学圏内だったのが早稲田国際ビジネスカレッジだったため、進学を決めました。

 

Q:この学校の特徴は?

化学染料、天然染料、テキスタイルデザイン、伝統工芸(友禅)、手織りと、幅広いジャンルの基礎を学べることです。全部を知りたい人はもちろん、希望進路がやや曖昧な人も、自分が強く関心を持っているのはどの分野かを実践を通して感じ取れます。また、午前と放課後も制作可能なことから、自分次第でどこまでも貪欲にモノ作りをできるのも特徴だと思います。

 

Q:将来の夢は?

自分の手で物を作り、一緒に物を作る人同士が交流を持てるような場所づくりをしたいと考えて地域の人達を中心に、訪れた方が「作るって楽しい!」と思ってもらえるような染織工房を作ることです。

2014年度卒業生
塩脇 暦 Koyomi Shiowaki
就職 藍染め工房壺草苑 ⇒ 独立 個人店「の様な」設立

Q:早稲田国際ビジネスカレッジテキスタイル学科を選んだ理由は?

小さいころから洋服には興味がありました。はじめは服飾の専門学校に進学し、アパレルの会社で勤務していましたが、捺染や織り、編みなど、テキスタイルに関する知識や技術をより深く学んでいきたいと考えて、ここの学校で学ぶことを決めました。

 

Q:この学校の特徴は?

染色、プリント、織り、編みなどテキスタイルに関する知識や技術を基礎から応用まで、広く詳しく学ぶことができます。課題は段階的に難しくなっていきますが、実際の商品づくりを意識できる課題もあり、デザイン力や想像力を身につけることもできました。先生との距離も近い為、自分が興味を持ったことにはどんどんチャレンジできる環境だと思います。

 

Q:将来の夢は?

現在は、「壺草苑」を退職し、山形県酒田市で田舎暮らしをしながら、「の様な」という名前のパン屋兼洋品店を立ち上げました。「染め」の技術を活かしながら、山で植物を採取し、薪で蒸留して芳香蒸留水を作って草木を煮出して、洋服を染めています。併せて、平面的なパターンで構成することで、生地の無駄も無くすようにしています。自然と一緒に生活していますが、そんな暮らしから生まれるものづくりをこれからも目指していこうと考えています

1995年度卒業生
梶本 玉緒 Tamao Kajimoto
就職 elvin
※トルコのテキスタイル会社

Q:テキスタイルに興味を持ったきっかけは?

物心ついた時からなぜか、糸という素材が好きで、手芸、編み物、洋裁を趣味にするような子供でした。一本の線から立体となり、小物とかセーターとかバッグとか身の回りにある物が作られていくのが楽しかったです。今でもそうですが。(笑)そこからさらに、縦と横の糸から作り出される「織り」にも興味が湧くようになり、単純で美しいくり返し模様、織機の動き方などが「なぜこうなるのか?」と私の探究心を刺激したのです。そして、世界中には時代と地域によって、いろんな柄や種類の美しい織物があることも知り、テキスタイルがとても魅力的なものに感じました。

 

Q:大塚テキスタイル専門学校を選んだ理由は?

短大で油絵を勉強した後、染め織りのことも気になっていたところに、友人から「テキスタイルの全てを教えてくれるいい学校があるらしいよ。」とたまたま聞き、当時あった夜間部に行く事を決めました。将来これで何かをしたい!とか、具体的なイメージがあったわけではなかったのですが、ただ気になって…。縁だったのかもしれません。(笑)入学するまでは、趣味程度の織りの知識があっただけでした。織り生地の種類・技術・織り組織・色彩のこと・デザインの構成・繊維と糸の種類・それらの特徴などなど、キリがないですが、いろんな専門的知識はここで初めて知りました。当時は、自分の興味のある内容をより深く知ることができるのが、楽しいばかりで、深く考えないまま、あっという間に2年間が過ぎました。(笑)そして数年後、テキスタイルの現場で働き始めてから、限られた時間ではありましたが、充実した講義と実技内容だったんだなぁと、しみじみと感じたものです。

 

Q:将来の夢は?

日本ではテキスタイル関係のデザイン事務所で数年働いていましたが、トルコの古い手織りのキリムや絨毯に惹かれて、訪れることが多くなりました。トルコの風土も私に合っていたのでしょね。ますます気に入って、ここで仕事や生活ができるといいなぁ。と思い履歴書を送っていました。現在はいろんな縁が重なって、トルコのカーテン企画製造販売会社で、10年以上テキスタイルデザイナーとして働いています。主な仕事内容は、自分のイメージに沿ってデザイン画を作成し、それに合った糸を選び、縦糸と横糸をどのように動かすかを考えることです。そして、現場に入ってサンプルを織ります。織り上がった生地に表情を加えるための後加工も大切です。また、カラーバリエーションの提案も行います。もちろん、これらは自分の所属しているデザインチームや現場の職人さん達と協力しながら進めていきます。仕事柄、目まぐるしく変化のある世界の流行に目を向けて、売れる商品を考えなくてはいけないのですが、何かが足りないと感じるときもあり…。そのような時には、原点に戻るようにしてます。「ハッピーになる気持ちを忘れないように。」です。こうすると不思議と想像力も沸いて出てくることがあります。何かを作るということは、ただ単純に楽しいです。これからも様々な形で続けていきたいです。世界中には時代と地域によって、いろんな柄や種類の美しい織物があることを知ったことで、テキスタイルがさらに魅力的なものに感じています。