機器・設備

都内有数の設備を備えたテキスタイル専門スタジオ

染色、織の作品作りには個人でまかなうことが困難な、大型の機器・設備が必要となります。早稲田国際ビジネスカレッジには都内有数の機器・設備を備えたテキスタイル専門スタジオがあります。設備・環境の面からも自由な作品作りをサポートしています。

染色

蒸し機

12m分の布を蒸すことのできる「箱型蒸し器」と、手軽に布を蒸すことができる「筒型蒸し器」を使い分けることができます。

捺染台

長さ6m、幅130cmを2台設置。捺染台40℃程度まで温めることができます。

手動紗張り機

アルミ枠、木枠の150cm×120cm(外寸)の紗張りが可能。紗張り用のボンドは備品として用意しています。

洗い場

生地用4漕、洗浄用4漕。生地や糸の汚染を防ぐため、水槽を複数使用し水元を行えます。

コンロ・鍋

ガスコンロ10台に、小型大型各種サイズのステンレス鍋を用意。浸染や精練の際に使用します。

露光機

型枠140cm×110cm(外寸)を感光することができます。感光前の、感光乳剤を塗った型枠は、暗室で保管できます。

スキージ

幅10cm〜115cmまでのアメゴム製スケージを、図案に合わせて使い分けることができます。

張木・伸子

張木は反物用の幅40cmから、130cmのものまであり、伸子も各種サイズを用意。

型枠

63cm×80cmから、103cm×140cm(外寸)まで、表現したい図案の大きさに合わせ、使い分けることが可能です。

板杼・シャトル

緯糸を巻き、経糸の間に織り込んでいくための道具。板杼、シャトルの各種サイズがあります。

糸枠

しっかり使い込まれた糸枠を多数用意。整経する際にも重宝されます。

手紡ぎ機

カーディングした繊維を手紡ぎ機にかけ、オリジナルの糸を作ることも可能です。

製経台・製経機

糸を製経する際に用いる道具。立型1m幅の製経台と、カウンター付きのドラム製経機があります。

織り機

カウンターマーチ、ろくろ式とそれぞれの織り機、全10台があり、織巾最大60cm~150cmの作品を織ることが可能です。

玉巻器

綛状態の糸を巻き、糸玉を作る事で、織り作業をより効率的に行えます。

ハンドカーダー・ドラムカーダー

繊維をカーディングする際に使用する道具。手軽に使えるハンドカーダー、大量の繊維のカーディングに便利なドラムカーダーがあります。

幅40cm〜150cm、各種筬目のステンレス製の筬と竹製の筬があります。

卓上織り機

手軽にサンプルを作りたいときに便利。幅40cmと80cmの二種類を使用できます。