お知らせ

【イベント】「富岡製糸場×テキスタイル学科」展示企画 開催のお知らせ

2021年11月12日



——————————————————-
日時        :11月24日(水)- 12月20日(月)
場所        :富岡製糸場 西置繭場
住所   :群馬県富岡市富岡1-1
費用        :入場料のみ 
——————————————————-

世界遺産である群馬県の「富岡製糸場」にて、上記期間、テキスタイル学科の学生作品の展示企画を行います。

富岡製糸場は日本初の本格的な機械製糸工場であり、シルク産業はもちろん、日本の近代化にも大きく貢献した文化発展の象徴です。
現在でも、1872年の開業当時の繰糸所や繭倉庫が現存しており、実際に見学を行うことが可能となっております。

当校のテキスタイル学科は「大塚テキスタイル専門学校」を前身に持つ、日本で初めてのテキスタイル専門学校であり、シルクとも深い関係がございます。
そのため、双方には「日本のテキスタイル・シルク文化をさらに発展させたい」という共通の想いがあり、今回の特別展示の実施に至りました。

今回の展示企画のために、学生は数か月前からコツコツとデザイン等の準備を行ってきました。
作品製作のテーマは、富岡製糸場にちなんだ「シルク・蚕・繭」であり、それをモチーフにしたスカーフを製作してきました。

また、会場では展示企画と併せて、各学生作品への投票も受け付けております。
来場者の方のアンケート用紙での投票の結果、1位になった作品については、富岡製糸場の売店での販売も決定しております。
ぜひ、お越しの方はご投票をお願い致します。

スカーフ以外にも、ショールや着物帯、傘など授業内で製作した作品も展示しておりますので、ぜひご覧ください。

>>富岡製糸場公式HPはこちら
http://www.tomioka-silk.jp/tomioka-silk-mill/