伝統と意志のあるテキスタイル専門教育

当校の前身は、1963年に日本で初めてテキスタイルを専門教育に取り入れた大塚きもの・テキスタイル専門学校(旧大塚テキスタイル専門学校)です。現在も多数の卒業生がテキスタイル業界の第一線で活躍しています。

その伝統と意思を受け継いで誕生した学校こそが、「早稲田国際ビジネスカレッジテキスタイル学科」です。

FEATURE テキスタイル学科4つの特長

1Unlimited use

自由に使える充実した設備

授業時間は平日月曜-金曜13:10-17:20です。しかし、『午後だけで制作が間に合わない』『課題だけでなく自分の作品を作りたい』といった要望に応えて、朝から夜まで設備の使用が可能です。

2Low cost tuition

都内随一の低価格授業料

作品を制作するためには、様々な道具や素材が必要です。しかし、『思い通りの生地が買えない』『材料が高くて手が届かない』といった学生の声がよく挙がります。 当校では、よりよい作品制作を行いたいという希望を叶えるため、学費を低価格に設定しています。

3Good Location

都内立地のよい場所にある工房

当校があるのが東京の中心地、新宿区です。東京メトロ東西線早稲田駅から徒歩5分。副都心線西早稲田駅から徒歩10分。都電荒川線早稲田駅から徒歩10分といった複数の路線を利用でき、交通アクセスは抜群です。

4Experienced instructors

現場経験を踏んだ講師

当校の講師陣は実力派揃い。すべて企業経験や作家活動の経験者です。 実際の経験を元に、今後の服飾/デザイン業界の仕事で活かせる授業を行います。

event_note学校説明会・オープンキャンパス 開催日程

1月入試のお知らせ

1月入学試験の案内です。

18:00- オンライン×入学個別相談会

歴史ある染め物の町、早稲田

日本の伝統技術である染め物。染色には良質な水が欠かせないことから、江戸時代には神田川、隅田川の流域に多くの染色業者が集まりました。明治以降、神田川の清流を求め染色業者がここ早稲田の地に集い地場産業として栄えた歴史があります。
現在でも神田川、妙正寺川の流域に染色の職人や作家が多く集まっています。
早稲田国際ビジネスカレッジの前身である、「大塚きもの・テキスタイル専門学校」は、日本初のテキスタイル専門学校として多くのアーチスト、デザイナー、工芸作家を輩出しました。本校はその伝統と創造性を引き継ぎながら、染色の歴史が根付く早稲田の地で、新たなテキスタイル教育を提供する学び舎を目指しています。